野菜の保存の基本!

野菜の保存は、野菜は畑でとれた時と同じ状態に近づけることが基本です。
例えば、じゃが芋やたまねぎは土の中でできるので、同じ状態に近づけると長持ちします。しかし、土の中で保存するわけにはいかないので、暗くて涼しい場所に保存する、葉ものは立って生えているの立てて保存すると起きようとするエネルギーがいらないので長持ちする、といった具合に畑の状態に近づけるように保存するのがポイントです。

保存の基本イメージ
 

野菜は生きています!

ねぎの切り口が伸びている、じゃが芋の芽が出るなど保存しておくと野菜が成長しているのを感じること、ありますよね。収穫後も野菜は成長を続けています。その成長するためのエネルギーは野菜の栄養分から使われています。野菜の栄養分がエネルギーとして使われることによって野菜が劣化します。
少し手間をかけて保存すると、鮮度がずいぶん違ってきますよ。

保存の基本イメージ
 

 

カテゴリ品目常温・冷蔵保存冷凍保存
根やさい 長ねぎ 土つきは、袋のままできれば立てて冷暗所で保存。根つきのものは、庭やプランターなどに埋めるなどして土をかぶせておくと長持ちします。
ムキねぎは、適当な長さに切ってポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。
みじん切りや斜め切りなど、好みの形に切って、冷凍保存。
エシャレット 湿気に弱いので、風通しのよい冷暗所で保存。夏は、冷蔵庫の野菜室で保存。鮮度が落ちやすいので、早めに使うのがよい。 冷凍には向かない。
にんじん ポリ袋に入れて野菜室へ。水気があると傷みやすいので、使いかけは水気をきってラップに包み、野菜室へ。 千切りやみじん切りにして冷凍保存。解凍すると水っぽくなるので解凍せず加熱する。
里芋 低温に弱いので、長期に保存する場合は、泥をよく洗って皮をよく乾燥させてから新聞紙に包み、冷暗所で保存。 ゆでてから皮をむいて冷凍保存。
さつま芋 ・むらさき芋 低温に弱いので、新聞紙にくるんで冷暗所で保存して下さい。使いかけは、ラップで包み冷蔵庫の野菜室へ。 輪切りにしてゆでて冷凍保存。ゆでたものをペーストにしてもスイートポテトやポタージュに便利です。
じゃが芋 新聞紙に包んで冷暗所に保存。夏はポリ袋に入れて野菜室で保存。 ゆでてよくつぶしたものを冷凍保存。
たまねぎ 湿気に弱いので、風通しのよい冷暗所で保存。夏は、冷蔵庫の野菜室で保存。 みじん切りなどにして、炒めて冷凍保存。生のままみじん切りにして冷凍保存もできるが、解凍後水っぽくなるため加熱する料理に向きます。
大和芋・長芋 新聞で包んで風通しのよいところで保存して下さい。使いかけはラップで包み、冷蔵庫の野菜室へ。 生のまま細切りまたはすりおろして冷凍保存。
ごぼう ・サラダごぼう 土つきは新聞紙かポリ袋に包んで冷暗所で保存。洗ったものはポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。 ささがきにして、アクを抜き水気をきって冷凍保存。1時間くらいしたら、ごぼうが固まらないようにほぐすのがポイント。
こかぶ 根と葉を切り分けて冷蔵庫の野菜室で保存。 実は使いやすい大きさに切って、葉はサッとゆでてから水気をきり、使いやすい大きさに切ります。ラップに包んで小分けして冷凍保存。
にんにく ネットのまま新聞紙に包んで冷蔵庫で保存。にんにくの発芽を遅らせることができます。 薄皮はむかず、小房に分けて冷凍保存。
葉生姜 乾燥に弱いのでポリ袋に入れて冷蔵庫に保存。低温にも弱くあまり保存がきかないので、早めに使いきりましょう。 -
根生姜 タッパに水を入れて、その中に生姜を漬けておきます。水は2~3日おきに交換して下さい。 よく洗ってそのまま冷凍保存。皮のままおろして使えます。千切りにするときには半解凍するといいですよ。
大根 葉がついたままだと水分がなくなってしまうので、葉を切りおとしてポリ袋へ入れて冷蔵庫の野菜室で保存。 実は使いやすい大きさに切って、葉はサッとゆでてから水気をきり、使いやすい大きさに切ります。ラップに包んで小分けして冷凍保存。
ヤーコン 乾きやすいので芋を少し水でぬらして 、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。 -

 


ご注文内容  

現在、ご注文の商品はございません。

送料 0 ₫
トータル 0 ₫

お会計